顔にシワができると目立ってしまいますよね。
なので女性にとってコンプレックスのひとつになってしまいます!

シワが顔にできるということは、ほとんどの人が知っていると思いますが、中でもシワが出来やすい部位がどこでしょうか?

 

どこに出来やすいかや対策方法を知っているとシワが広がらないように、シワを予防することができます!

そこで今回はシワが出来やすい場所と今からできるシワ予防の方法を紹介したいと思います!

シワが出来やすい場所は?

人は生活の中で日々顔の筋肉である表情筋を動かしています。

笑ったり怒ったり表情筋を動かしているのですが、あまり動かすことのない場所もありますよね!

 

表情筋を動かしていない場所はシワが出来やすいのです…。

みなさんは、シワができやすい場所はどこだと思いますか?

 

シワが出来やすい場所を見てみましょう!

額の横ジワ

シワが出来やすい場所としてまず最初に紹介するのが額です。

この記事を読んでいる人の中にも額のシワで悩んでいる人がいるかもしれませんね。

 

額は顔の中でも面積が広いですよね。

なので小さなシワが出来やすく目立ってしまうのです!

眉間のシワ

眉間もシワができやすいと言われています。

スマートフォンを操作するのが癖づいていたり仕事で長時間パソコンをしたりしている人は知らず知らずのうちに目をしかめて眉間にシワを作っていませんか?

 

目をしかめる癖がある人は眉間にシワが残りやすいんです…。

その癖を続けていると今よりもシワが広がって老けてみえてしまったりするのでシワの悩みは今よりも深刻になってしまうかもしれません!

目じりのシワ

人は毎日の生活の中で必ずまばたきをしますよね。

まばたきを繰り返すことで目じりのシワができやすくなります。

 

とはいっても私たちはまばたきなしで生活することはできません!

なので目じりにシワができないようにするためにはきちんとお肌のお手入れをしましょう!

両まぶたのシワ

目元は普段アイメイクなどで1番触れる機会が多いのではないでしょうか?

普段厚化粧をしている人やクレイジングのときにゴシゴシこすってしまうとまぶたにお肌に悪くシワの原因になります。

 

また、目に疲れがたまっているときなどもシワが出来やすくなるのでアイマスクなどでリラックスするといいですね。

小ジワをつくらないためには

女性のお肌にとって乾燥は点滴です!!

しっかりと乾燥を予防してお肌のケアをしている人はシワが少ないはずです♪

 

普段ケアを怠っている人は自分のお肌にあったケアをしてくださいね!

またお肌が乾燥しているな~と感じたらお肌に水分を与えてあげましょう!

真皮シワの対策

コラーゲン生成をサポートしてあげることで真皮シワの予防をすることができます。

どのようにサポートしてあげたらいいかというと、ビタミンC誘導体やレチノールが含まれている化粧品を使ってエイジングケアをします!

 

これらの化粧品を使うことでお肌に潤いを与えることができるので乾燥を防ぐことができます。

また、メラニン生成を抑制し、新陳代謝があがるので化粧のノリも良くなるはずです♪

 

強い紫外線を浴びると体内のコラーゲンが分解されてしまうので、紫外線対策はしっかりしておきたいですね!

たるみジワ対策

たるみジワを予防するには顔のストレッチが有効的です!

表情筋を意識しながら口を大きく開いて「あいうえお」を声に出しましょう。

 

ポイントはそれぞれの口の形を少しオーバーなぐらいに動かすことです。

普段使うことのない口周りの表情筋を動かすことでシワ対策になるのです♪

シワができやすい場所はここ!今からできるシワ対策!まとめ

  • シワができやすい場所は、額・眉間・目尻・両まぶた
  • シワを作らないためには日頃からのケアが大切
  • ビタミンCやレチノールが含まれている化粧品を使う
  • あいうえお体操

歳を重ねてからシワで悩まない為にも若いうちからシワ対策をしておきたいですよね。

紫外線を浴びるとコラーゲンが分解されやすくコラーゲン生成が追いつかなくなりシミの原因になるので普段から日焼け止めを塗るなどして紫外線対策もしっかりとしておきましょう!